6月 13, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

VfBシュトゥットガルトが日本へ出発

VfBシュトゥットガルトが日本へ出発

公式「ブンデスリーガジャパンツアー」の第3弾の一環として、VfBは7月26日から8月1日まで日本を訪問し、親善試合2試合を含むさまざまな活動を行う。

1996年以来初めて、VfBシュトゥットガルトがプレシーズンの一環として日本に帰国する。 7月26日から8月1日まで、VfBは公式「ブンデスリーガジャパンツアー」の第3回に乗り出し、セバスティアン・ヘーネス監督とチームを京都と広島に連れて行く。 遠征の一環として、VfBはブンデスリーガの日本のテレビ放送局であるスカパーJSAT株式会社(SPTV)との共催で、京都サンガFC(7月28日)とサンフレッチェ広島(8月1日)との親善試合2試合を行う。

VfBは会場でトレーニングを行う一方、日本のファンに自己紹介をしたり、ブンデスリーガやVfBパートナーとの幅広いプログラムに参加するために一部のセッションは一般公開される。 ファン、メディア、文化、CSR活動に焦点を当てます。 日本のVfBチームにはクラブの元レジェンド、特に日本で選手、コーチ、スポーツディレクターとして6年間を過ごした名誉キャプテンのカイト・ブッフヴァルトが参加している。

日本はVfBシュツットガルトの5つの国際ターゲット市場の1つであり、クラブとそのパートナー(メルセデス・ベンツ、ポルシェ、ケルヒャーを含む)は過去数十年にわたり緊密なネットワークを構築してきた。 さらに、VfB はバーデン ヴュルテンベルク州の大使として、サッカーとスポーツ全般の面で日本に文化の架け橋を築くことに長年取り組んできました。 この点においては、日本のユースパフォーマンスセンター、VfBフットボールスクール、日本人コーチのための追加トレーニングの機会が重要な役割を果たしています。

取締役会のメンバーでマーケティング責任者のルーベン・カスパー氏は、「今年、日本でブンデスリーガの公式アンバサダーに就任し、パートナーやDFLとともに日本でドイツサッカーを紹介できることをうれしく思う」と述べた。 VfBシュツットガルトの営業責任者。 「長年にわたり、VfBは日本のサッカー界に良好なつながりを持っており、私たちのフットボールスクールは、ジュニアチームの双方向の訪問、メディアの出演、コーチの追加トレーニングなどの活動を通じて、長年にわたってその関係を維持してきました。 この夏、私たちは次の論理的なステップを踏み、プレシーズントレーニングの一部を日本で行う予定です。

「長くユニークな歴史を持つクラブとして、ブンデスリーガの素晴らしいシーズンを経て、VfB シュトゥットガルトの世界的なファン層は世界中で増え続けており、特にクラブと強い関係を築いている日本では特にそうだ。 2022年、東京、大阪、埼玉のスタジアムは満員となり、ブンデスリーガのクラブへの歓迎は信じられないほどでした。今年のツアーには再び2つの新しい都市が含まれ、ブンデスリーガが日本中のファンに近づくことになるので、とても楽しみにしています。私たちの信頼できるパートナーである SPTV と協力して、この素晴らしいシリーズを 2 シーズンで 3 回目の実現できたことを嬉しく思います。

READ  ライブ通知。 日銀会合が始まる