7月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

VNL: マニラ戦で日本がフランス相手に劇的な逆転劇を見せ、2連勝を飾り、石川祐希が33得点を記録した。

石川祐希と日本龍神は、2024年VNLのマニラレグでフランスを破って2連勝を飾り、逆転のスタートを切った。

マニラで開催された2024年バレーボールネーションズリーグ(VNL)で、日本は2セット劣勢からの劇的な逆転劇を見せ、前回オリンピック王者のフランスを17-25、19-25、25-16、25-23、15-10で破った。 6月22日土曜日、モール・オブ・アジア・アリーナでのレグ。


昨日膝の負傷により帰国した高橋蘭選手の欠場にも関わらず、龍神日本は全力を尽くし、スーパースターキャプテンの石川祐希選手に大きく頼った。

[ALSO READ: VNL: Japan’s Yuji Nishida hopes injured teammate Ran Takahashi ‘comes back much better’]

石川祐希ら日本龍神が祝う。 | 写真 (c) RM スバ

石川は31回のアタック、1ブロック、1エースで33得点を積み上げ、戦績を8勝3敗の5位に伸ばした。

2セット差を見つめながらも、日本人は第3フレームで再び精力的にプレーし、21-15と大差をつけた。 その後は石川選手と宮浦健斗選手が4-1で勝利しました。

4 番目のフレームで素早いスイングが発生し、両チームは 23 オール タイまで膠着状態に続いた。

しかし、トレヴァー・クレブノーのイコライザーが大きく飛び出す前に、宮浦が決定的な一撃を放ったことで天秤は日本に有利に傾いた。

第5セットに入ると、龍神日本は重要な余裕を作り、13-9の優位を築いた。 そして石川はゴールラインに到達した。

宮浦は腹痛のため1フレーム目と2フレーム目のみスポット出場しかできなかった西田裕司に代わって19得点をあげてオフェンスのペースを上げた。

一方、フランスはイランに勝利した勢いを維持できず、7勝4敗で6位に後退した。

ジャン・パトリーは負けチームに21得点をあげ、クレブノーは15得点をあげた。


両チームは日本がアメリカと、フランスがブラジルと対戦し、開幕戦を良い形で終えることを目指す。

日本の石川祐希がフランスのネットディフェンスを突破しようとする。 | 写真 (c) RM スバ

[ALSO READ: VNL: Canada overcomes 37-point explosion of Nimir Abdel-Aziz, Netherlands to complete flawless Manila Leg run]


試合は6月23日(日)に同会場で開催される。

READ  日本のF-35がオーストラリアに着陸し、初の海外任務を遂行