4月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

「大佐の呪い」KFCの銅像が日本で廃棄される

「大佐の呪い」KFCの銅像が日本で廃棄される

東京(AFP) – 迷信深い日本の野球ファンのお守りとして機能していたケンタッキー・フライド・チキンの創業者カーネル・サンダースのプラスチック像が、大阪川から掘り出されてから15年後に「処分」されたと同社が発表した。

公開日:

1分

日本で最も熱狂的な野球ファンとして知られる大阪の阪神タイガースの歓喜のサポーターは1985年、日本版ワールドシリーズで優勝した後、その人形と自分たちを汚染された滔天堀川に投げ込んだ。

しかし、年月が経ち、タイガースの運命が低迷するにつれ、等身大のおもちゃが回収された場合にのみ成功が戻ってくるという「大佐の呪い」として知られる信念がファンの間で生まれた。

このひげを生やした像は、2009 年に建設作業中に最終的に発見され、回収されました。泥にまみれ、眼鏡と左腕が欠けていました。 それは神父によって掃除され、祝福されて展示されました。

このジンクス疑惑が払拭されるまでには時間がかかりましたが、ついに昨年、タイガースが38年ぶりに日本シリーズで再び優勝し、熱狂的な祝賀会や川飛びが巻き起こりました。

KFCは火曜日、この像は現在「修復不能なほど老朽化」しているため、撤去されると発表した。

しかしその前に、寺院で「感謝を示す」式典が開催され、KFC日本社長の半治隆之氏も出席し、同チェーンの特製フライドチキンとともに日本酒を提供した。

READ  極度の熱が日本の広大な地域を襲う