7月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

アド ミュージアム 東京 – 東京、日本

アド ミュージアム 東京 – 東京、日本

他の場所と同じように、あらゆる場所に広告が表示される 日本で。 最も悪名高いテレビコマーシャルは、その風変わりなタッチでしばしば世界に衝撃を与えます。 しかし、広告はその親しみやすさにもかかわらず (またはそのため)、依然として過小評価されがちな芸術形式です。 の アド・ミュージアム・東京 広告における楽しく創造的なアイデアに人々の目を向けることを目的として 2002 年に設立されました。

この博物館は年代順に並べられており、1603 年から 1867 年までの日本の封建時代のほぼ最後である江戸時代のさまざまな貿易戦略の常設展示から始まります。 三井高利は、著名な経営コンサルタントのピーター・ドラッカーの支援を受けて、世界初のマーケティングの天才だったのではないかと主張している。

三井は1673年に呉服店「越古屋」を創業し、革新的なビジネススタイルで瞬く間に富を築きました。 彼は見込み客の家を一軒一軒訪問する代わりに、店頭で商品を販売した。 ひぎふだ、 大胆なキャッチフレーズが印刷された初期のチラシには、固定価格とその場で仕立てるという彼の原則が宣伝されています。 彼のビジネスは後に日本最古の百貨店である三越、そして世界最大の企業グループの一つである三井グループへと成長しました。

19 世紀、独創的な江戸の商人たちは、自分たちのビジネスを宣伝する無数の方法を見つけました。 一方、アーティストたちは、浮世絵の呉服店から演劇の茶屋に至るまで、現代の施設を作品に取り入れており、その一部は現在も営業しています。

日本の広告は、1926 年から 1989 年の昭和時代に急速に西洋化され、近代化されました。 アール ヌーボーとアール デコ運動が大衆の嗜好に与えた影響は、日々明らかでした。 博物館のコレクションには、資生堂、カルビス、森中ミルクキャラメルなど、この時代の広告で見覚えのあるブランド名が数多く展示されています。

展示では戦後から平成へと移り、20世紀後半の広告がどのように進化してきたのかを知ることができます。 宣伝する製品とともにポスターや新聞の切り抜きなどが展示されており、当時を生きていた人々にとっては懐かしい思い出の旅になります。

雲の形をした4つの視聴覚ブースが天井から吊り下げられており、その中で「そうだ!」「好き」「うーん…」など、「感情」に応じてさまざまなテレビCMを視聴することができます。 “おお!”

豊富なコレクションに加えて、この博物館には参考図書室、ユニークなギフト ショップ、そして通常は受賞歴のある最新の広告とその創作プロセスを展示する特別展示会もあります。

READ  日本興行収入:『ワンピース フィルムレッド』が13週連続で1位に返り咲く