7月 18, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

イラン人捕虜釈放:米国へ向かう米国人5人が釈放

イラン人捕虜釈放:米国へ向かう米国人5人が釈放


ドーハとワシントン
CNN

5人のアメリカ人 彼女はイランの拘留から解放された 米当局者と事情に詳しい関係者によると、彼らは月曜日、最初にカタールのドーハに立ち寄った後、米国に戻る途中だった。

5人はいずれも不当に拘禁されたと分類され、作戦の一環として釈放された。 より広範な合意には米国も含まれる – 60億ドルのイラン資金の凍結を解除。

アメリカ人の釈放は、拘束されていた人々にとって長年にわたる悪夢に終止符を打つことになる。 取引に関与した人物のうちイマド・シャルキ氏、ムラド・タフバズ氏、シアマック・ナマジ氏の3人は5年以上投獄された。 ナマジ氏は2015年から拘留されている。他のアメリカ人の身元は不明である。

バイデン政権高官は、シアマック・ナマジ氏の母親エフィー・ナマジ氏と、これまでイランから出国できなかったモラド・タフバズの妻ヴィダ・タフバズ氏もイラン発ドーハ行きの飛行機に乗っていたと述べた。

AFP/ゲッティイメージズ

9月18日月曜日、カタールのドーハで飛行機から降りた後、抱き合う米国国籍のシアマック・ナマジさん(左から2人目)とムラド・タフバズさん(右)。

米政府高官は、彼らは現地時間月曜日午後にカタール政府専用機でテヘランからドーハに移送され、その後家族と再会するためにワシントンD.C.地域に向かったと述べた。

月曜日の声明では、 ジョー・バイデン大統領は、「長年の苦しみ、不安、苦しみを経て」米国人5人の解放を祝った。

バイデン氏は声明の中で、「本日、イランに投獄されていた無実のアメリカ人5人がついに帰国した」と述べ、アメリカ人がドーハに着陸する予定の直前に発表された。

正式な外交関係を持たない米国とイランの間で長年にわたる複雑な間接交渉を経て、彼らの釈放は大きな外交的成果となった。 バイデン政権高官は、この合意は「イランとの関係をいかなる形でも変えるものではない」と述べ、米国はイランの人権侵害と核開発計画の制限に対する責任を追及するために引き続き努力すると指摘した。

バイデン氏は声明の中で、「カタール、オマーン、スイス、韓国政府を含む、この成果を達成するためのたゆまぬ努力をしてくれた国内外のパートナー」に感謝した。

月曜日の釈放は、ロシアとベネズエラからのアメリカ人の釈放後に海外で不当に拘束されたとみなされたアメリカ人の釈放を確保するためにバイデン政権が取りまとめた最新の注目度の高い協定であり、一部の共和党議員からはこれを「身代金の支払い」に例えて批判を招いた。 」。

「家族に電話して、大丈夫だと伝えてください。」

合意の大枠は、何年にもわたる間接交渉を経て、約7カ月前にドーハで具体化し始めた。

この協定に基づく最初の具体的な公的措置は約5週間前に行われ、米国人4人が自宅軟禁に移送された。 5人目のアメリカ人はすでに自宅軟禁下にあった。

政府高官は、自宅軟禁に移行した後の数週間、駐イラン・スイス大使が定期的に米国人を訪問し、米国人の状態を確認していたと述べた。 米国はイランに外交拠点を持たないため、スイスはイランにおける米国の保護部隊として機能している。

事情に詳しい関係者らによると、米政府は釈放の数日前に、事態は常に変化する可能性があることに留意しながら、今後の展開を慎重に計画したという。

国務省高官は、飛行機がドーハに到着次第、地上には医療スタッフが待機し、解放された米国人らを迎える予定だと述べた。 彼らは米国に戻る飛行機にも乗る予定だ。

当局者は「政府の電話を彼らに渡して『さあ、家族に電話して、元気で戻ってくることを伝えてください』と言うつもりだ」と述べた。

アントニー・ブリンケン国務長官は、イランから解放された7人の米国人がドーハに到着した際、「感情的な会話」と表現した内容で話をしたと述べた。

00:56- 出典: CNN

釈放されたアメリカ人はイランから飛行機に乗り込む

「今日、彼らの自由、そしてイランで不当に長期間投獄され拘束されているアメリカ人の自由は、非常に基本的なことを意味します。それは、夫と妻、両親と子供、祖父母が再び抱き合うことができることを意味します。 「また会いましょう。また一緒にいられるでしょう」とブリンケンさんは語った。

イマド・シャルキさんの家族は声明で、彼と「ごく短時間」話せたが、彼は「熱心で楽観的だった」と述べた。

彼らはまた、バイデン氏と電話で会談し、バイデン氏は「彼は最初に大統領に就任したときにこれらのアメリカ人を解放する取り組みを始めた。この幸せな結果がもっと早く達成できればよかったと願っているが、今日この結果に到達できて非常に満足している」と語った。ウェブサイトによると。 という発言に。

米当局者は、バイデン氏が家族全員と話をしたと述べた。

ムラドさんとヴィダ・タフバズさんの家族は、愛する人たちがついに解放されたことに「大喜びし、安堵した」と語った。

「政治よりもアメリカ国民の命を優先するという、難しいながらも必要な決断を下したバイデン大統領とその政権に感謝します。 遺族はCNNへの声明で「勇気と思いやりを持って導いてくれてありがとう」と述べた。

2015年から拘束されているシアマック・ナマジさんは声明で、「ほぼ8年間、この日を夢見てきた」と述べた。

「そして、ようやく到着した今、家族との再会に対する言葉では言い表せない喜びが悲しみと混ざり合っていることに気づきました。私が愛し、尊敬する多くの勇敢な人々が命を守り続けているのに、私は自由に息をしているという、痛くて深い罪悪感です。」その壁の向こうで苦しんでいるのです」と彼は言った。

当局者らによると、解放された米国人は米国に帰国すると、通常の生活への適応を支援するためのPISA(隔離後支援活動)として知られる国防総省のプログラムに参加する選択肢が与えられるという。

米国とイランの合意に基づき、韓国の制限口座に保管されていたイラン資金60億ドルがカタールの銀行の制限口座に移送された。 問題の詳細に詳しい関係者によると、カタールは月曜、イランと米国の当局者に移送が行われたことを通知した。

関係者がCNNに語ったところによると、その資金は許可された石油販売から来ており、トランプ政権下で開設された口座に送金されていたという。 バイデン政権当局者らは、カタールの口座に送金された資金はイランによる人道的購入にのみ使用可能であり、あらゆる取引は米財務省によって監視されると強調した。

「我々は、マネーロンダリングや資金の悪用から守ることを目的として、カタールに人道チャンネルと呼ばれるものを設立することで、この取り決めを実行している」と政府高官は述べた。

この合意には、米国に拘束されているイラン人5人の解放も含まれている。

政府高官は、イラン人5人のうち2人が刑期の大半を終えたと指摘した。 他の3人は裁判を待っており、まだ有罪判決を受けていない。

イラン外務省によると、イラン人のうち2人はイランに帰国中で、1人は他国へ出国する見込み、残りの2人は米国に残る見通しだという。 米当局者らは、米国に残留した人々は国家安全保障を脅かすものではないと述べた。

国務省高官は「この一環で解放されたイラン人は小さなジャガイモに過ぎない」と語った。 同氏はさらに、「イラン人が我が国の司法制度から排除したいと考えている非常に大きな魚がおり、それは彼らがしばらくの間要求してきた魚である。 「私たちは長い間、原則に基づいた困難な交渉を行ってきましたが、その過程から抜け出すことができましたが、彼らは本当に気にかけてくれる人を獲得できませんでした。」

国務省高官は、バイデン政権は「非常に良い合意」を得たと感じていると述べた。

「我々は、アメリカ人たちとアメリカ国民の双方にとって良い条件でアメリカ人たちを解放できると感じているので、これを進めている」と当局者は説明し、アメリカは「合意を得た」と信じていると付け加えた。この取引は終わったほうが良いよ。」

政権高官らはバイデン氏がいつ合意に署名したかについては言及しなかった。

ホワイトハウスの中東・北アフリカ調整官ブレット・マクガーク氏は月曜日、バイデン政権は「政権発足の最初の数週間以来」米国人5人の釈放に向けた交渉を行ってきたと述べた。

「我々には何を受け入れ、何を受け入れないかについての基準があった。そして実際、過去6か月間でこのプロセスは激化した。我々はカタールのドーハで非常に激しい交渉を行った。そして我々はカタールに非常に感謝している」そして、これを促進するのに協力してくれたオマーンに対しても、そして我々が常に受け入れると言ってきた基準に基づいて我々が受け入れられる条件で合意に達したとき、大統領は前進するという難しいが正しい決断を下した。

マイク・ペンス元副大統領(在任中、ホワイトハウスはイラン政府と2件の捕虜交換協定を結んだ)は月曜午後の演説で、イランによる「中東全域でテロを煽る」ことを許したとしてバイデン氏を批判した。

政府高官は批判に対し、「これらは大統領が下す最も難しい決断の一部だが、私はこの合意は有効だと思う」と述べた。

「協定の大まかな概要を見ると、代替案と比較すると、代替案は、これらのアメリカ人は決して帰国しないということです。ですから、この案はかなり成り立つと思います。」

政府高官らによると、米国人5人の釈放後、米国はテヘランの情報省と元イラン大統領マフムード・アフマディネジャドを対象とした新たな対イラン制裁を発動し、イランで拘束されている米国人ボブ・レビンソンについて答えなかったとして罰することを求めていると発表した。イラン。 10年以上もの間、彼はそこで亡くなったと信じられていた。

「我々はボブ・レビンソン事件を決して諦めない」と政府高官は語った。

「イラン政権が最終的に潔白を明らかにし、ボブ・レビンソンが平和に暮らせるようにし、レビンソン一家が答えを得なければならないことはどれだけ強調してもしすぎることはない。我々はイランに対し、ボブに何が起こったのか完全な説明を提供するよう引き続き求めていく」別の政府高官は「レビンソン氏は最初に捕らえられてから最終的に殺害されるまでを」と語った。

レビンソン一家は声明で、米国人の釈放と新たな制裁の知らせを歓迎すると述べ、「しかし誤解しないでください。今日の良い知らせは、私たち家族の悪夢と現在も続いている苦痛を終わらせるものではありません」と述べた。 また、イラン政権の恥ずべき残虐行為や際限のない嘘を隠したり正当化したりするものでもありません。

「私たちは、イラン指導者に対し、私たちがこれまで知っている中で最も偉大な人物であるロバート・レビンソンに何が起こったのか答えを求めることを決してやめない」と彼らは述べた。

「米国政府の全面的な支援を受けて本日発表された行動は、ボブ・レビンソンにとって正義への歓迎すべき一歩であり、決して最後ではない。残酷なイラン政権が完全に責任を問われるまで、そして私たちの父が休むことはない。本当の平和を実現します。」

このストーリーは追加の開発により更新されました。

READ  ウクライナ戦争:ロシアは、クリミアを攻撃するウクライナの無人機38機を迎撃したと発表