4月 21, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

オールブラックスと日本はニューディール政策の下で頻繁に衝突した

オールブラックスと日本はニューディール政策の下で頻繁に衝突した

水曜日に発表された地域全体のラグビーの成長を目的とした広範な協定の一環として、オールブラックスと日本は2024年から2027年まで定期的に対戦することになる。

ニュージーランドラグビー界と日本のラグビー関係者は、双方とも日本でプレーし、ビジネスチャンスを模索すると述べた。

この覚書により、ニュージーランドのフランチャイズチームはスーパーラグビーパシフィックシーズン以外でも日本のトップチームと対戦することになる。

この協定には、ニュージーランドと日本の女子チームとセブンズチームがより頻繁にプレーする機会も含まれている。

ニュージーランドラグビー協会のマーク・ロビンソン最高経営責任者(CEO)は声明で「日本ラグビーとの関係を正式に結ぶことができて素晴らしい」と述べた。

広告 – スクロールして続行してください

「さまざまなチームがより定期的に試合を行う必要がある一方で、私たちは男性と女性の競技会が長期的にどのように連携できるかを確認する必要がある」とロビンソン氏は付け加えた。

この契約に基づき、ニュージーランド代表のマオリ・オールブラックスとオールブラックスXV(実質的には2軍チーム)は引き続き日本でプレーすることになる。

日本は過去2回の男子ラグビーワールドカップで好成績を収め、2019年には準々決勝を開催した。

広告 – スクロールして続行してください

ブレイブ・ブロッサムズは2015年イングランド大会決勝で南アフリカとサモアに衝撃的な勝利を収めたが、決勝トーナメント進出はならなかった。

日本は10月に東京でニュージーランドに38対31で敗れた。

両チームは1995年以来、公式テストマッチを5回行っている。

READ  リズトラスジャパントラベルの飲食代に関する商務省の質問|リズ・トラス