5月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

コロラド州の書籍イベントの参加者、「嫌がらせ、窃盗、暴行」の報告が相次ぐ恥ずべき会議を「かろうじて生き延びた」と語る

コロラド州の書籍イベントの参加者、「嫌がらせ、窃盗、暴行」の報告が相次ぐ恥ずべき会議を「かろうじて生き延びた」と語る

  • 参加者らは、混沌とした光景と長い列によってイベントが台無しになったと述べた
  • ある著者は「悪夢」について説明しながら泣き崩れた。



嫌がらせ、窃盗、暴行、不始末の報告を受けて、何千人もの熱心な読者がコロラド州で行われたこの不名誉な出来事を「本のファイアー・フェスティバル」と呼んで非難した。

4月18日から21日まで開催された「リーダーズ・テイク・デンバー」イベントでは、参加者が自らを「生存者」と称する一方、主催者はすでに中止を発表した 来年のカンファレンス

ベストセラー作家のレベッカ・ヤロス氏はフェアへの批判を先導し、セキュリティの欠如、攻撃的なスタッフ、予約注文した本が予定通りに配達されなかったという苦情を繰り返した。

「読者の皆さん、このイベントに参加したすべての著者を代表して、申し訳ありません」とヤロス氏はフェイスブックへの痛烈な投稿で書いた。

「リーダーズ・テイク・デンバー」イベントは嫌がらせ、窃盗、暴行、不始末の報告を受けて参加者や著者らから非難を浴びた
ある参加者は、「低血糖の瞬間」があったとき、「スタッフから『床から降ろせ』と怒鳴られた」と主張した。

ヤロス氏はさらに、4日間にわたる会議でボランティアに課せられた「限界ギリギリの」仕事量を含む、さまざまな問題について主催者を非難した。

「今週末の出来事に関して言えば、多くの出来事が虐待されてきました」と彼女は書いた。

ヤロス氏は、主催者が読者の行動が「十分に速くなかった」ために照明を消し、著者を名指しし、バッジの名前を変更することを拒否し、誓約にもかかわらず読者が署名を得る十分な時間を手配しなかったと主張した。 「いいえ」のない。 今回のイベントでの行列。

「予約注文ができず、望んでいた作家にも出会えず、本当に残念です」とヤロス氏は聴衆に向けて締めくくった。

「登録に何時間もかかってしまってごめんなさい、食料がなくなってしまってごめんなさい、夜のイベントで警備が十分でなくてごめんなさい、一部のボランティアが声を上げてしまってごめんなさい。

「本の世界で3日間過ごすことで得られるはずの圧倒的な喜びをあなたが得られなかったのが残念です。」

失望した読者はこう言いました デンバーポスト この恥ずべきスケジュールは「悪夢」であり、主催者のリサ・レニー・ジョーンズの約束は果たせなかったと述べた。

TikTokerのキャスは、イベントで受け取ったという黒目の写真を共有した
主催者のリサ・レニー・ジョーンズ氏は、列を作らずにイベントを開催すると約束したが、参加者は何時間も待たされることに失望したと述べた。
作家のレベッカ・ヤロス氏は、ボランティアに課せられた「虐待ぎりぎりの」仕事量やずさんな管理など、さまざまな問題で主催者を非難した。
読者らは「混乱」のせいでカンファレンスを楽しむのに苦労したと述べ、ある著者は「これは私たち全員が経験しなければならない絶対的なホラーショーだった」と述べた。

このイベントに出席するためにミシガン州から飛行機で来たサラ・スルサルチクさん(32歳)は、「私はこれまで多くのカンファレンスに参加してきたが、これは今まで参加した中で最悪のカンファレンスだった」と語った。

読者たちはゲイロード・ロッキーズ・リゾートで開催されたイベントに参加するために最大375ドルを払い、レニー・ジョーンズさんはイベント後に参加者に宛てた電子メールで、自分の努力に対する称賛に感動して涙を流したとさえ主張したと伝えられている。

しかし、報道によると、少なくとも1人がボランティアに押し込まれたと主張しており、レネー・ジョーンズさんは専門的に対応されたと主張した。

デンバー・ポスト紙によると、彼女は電子メールで「ボランティアが誰かに手を置いたと誰かが主張した場合、私は直ちに安全介入を開始した」と書いた。

レニー・ジョーンズ氏はDailyMail.comからのコメント要請にすぐには応じていない。

攻撃的行為の申し立てはA.J.でも引用された ブログ投稿 作家のアビゲイル・オーウェンは「嫌がらせ、暴行」、「窃盗」の事件を聞いたことがあると語った。

さらにそれは、 キャスという名前のTikToker 彼女はイベント中に受けたという目の黒ずみについて詳しく説明した。

イベントでのプロフェッショナルでない行為の疑惑もTikTok上で浮上し、ある女性は医療上の緊急事態が発生した際に攻撃的なスタッフに遭遇したと主張した。

TikTokユーザーのウェル・リード・ナースさんは、「私は低血糖だったので、スタッフが床からクソをどけろと怒鳴った」と語った。

彼女はさらにこう続けた。「読者、販売業者、著者、パーソナルアシスタント、ボランティアなどの人々の間で、非常に多くの恐ろしい経験がありました。

「これは単なるコミュニケーションの破綻ではなく、このプログラムのシステム的な問題です。」

このイベントに参加したもう一人の著者ケイト・ホールは、「私は2024年デンバーで読者を(かろうじて)生き残った」というタイトルの30分間のYouTubeビデオで彼女の経験を詳述した。

「状況が良くなると本当に願っていたのに、事態はどんどん悪化していった」と彼女はビデオで目を真っ黒にして語った。

「週末中は本当に混乱していました…私たち全員が経験しなければならない絶対的なホラーショーでした。」

ホール氏は、主催者が著者らにサイン会のテーブルを時間通りに設置することを許可できず、著者らは長蛇の列で疲れきったと語った。

イベントでは作家たちを待つ長蛇の列(写真)に、憤慨した参加者の一人は「ディズニーよりひどいし、最後には乗り物さえなかった」と評した。

レニー・ジョーンズ氏は、このイベントは行列はなく、参加者は時間指定のチケットシステムを使用することになっていると約束し、お気に入りの作家に会いたい本好きにとって理想的なイベントであると宣伝した。

しかし、自称「RTD生存者」であるケリー・メイヤーさんは、このシステムは機能せず、「私たちがしたのは列に並んでいただけだった」と語った。 完全にBSでした。

「ディズニーよりもひどかったし、最後には乗り物さえなかった」と彼女は付け加え、ホテルの周りを取り囲む列が著者が何を待っていたのか混乱を招いたと指摘した。

また、ボランティアが誤った情報を提供したため、読者の中には間違った列で何時間も待つ人もいたと伝えられている。

著者のライアン・ケーヒル氏は自身のブログへの投稿で、これは「無秩序な災害」だったと付け加えた。

私は、イベントに蔓延した完全な混乱と、組織とボランティアの間、ボランティア同士の間、そしてボランティアと参加者の間でのコミュニケーションの欠如を目の当たりにしました。 「何が起こっているのか誰もほとんど知らなかったのはクレイジーだった」と彼は書いている。

READ  マリオカート8DLCレーシングトラックは無料でアクセスできます。