4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

サウジアラビア、ロシア、OPECプラス生産国数社は原油供給の自主削減を6月末まで延長

サウジアラビア、ロシア、OPECプラス生産国数社は原油供給の自主削減を6月末まで延長

サウジアラビアは第2四半期末まで日量100万バレルの自主減産を延長すると国営サウジ通信社が発表した。 彼は日曜日に言った同国のエネルギー省の公式情報筋の言葉を引用した。

発表によると、リヤドの原油生産量は6月末まで日量約900万バレルに達するとのこと。

ロシアのアレクサンダー・ノバク副首相は、ロシアは来年6月末まで生産と輸出供給を合計日量47万1千バレル削減すると発表した。 ロシア国営タス通信が発表した報告書。 モスクワは第1四半期に自発的に供給量をわずかに上回る日量50万バレル削減した。

国営石油会社からの最新情報をGoogle翻訳したところによると、OPECの主要生産国であるイラクとアラブ首長国連邦も、それぞれ日量22万バレルと日量16万3,000バレルの自主減産を第2四半期末まで延長する予定だという。報道機関。 そして ワム

11月、OPEC+諸国は、2024年末までに共同で日量200万バレル減産するという公式政策を追求した。OPEC+グループの公式戦略とは別に、サウジアラビアやロシアを含むいくつかのOPEC+生産国は自主的に減産することを発表した。 今年第1・四半期末までに供給量を日量計220万バレル削減した。

今回の減産発表は、OPEC+の供給削減と、重要な紅海航路に対するフーシ派の海軍攻撃と脅威が続いているにもかかわらず、年初以来、原油価格の下落が主に1バレル当たり75ドルから85ドルの間で推移していることを背景にしている。 ガザ地区でイランが支援するパレスチナのハマス運動に対してイスラエルが行っている戦争が延長されるリスクが継続する。 この短期的な価格支持の一部を相殺するのは、世界最大の原油輸入国である中国での製油所の季節メンテナンスが差し迫った中での需要の低下であり、通常第2四半期に悪化する。

正式な政策変更とは異なり、自主的な減産は正式な会合での全会一致の承認を必要とせず、OPEC+加盟国間で減産や増産を配分する必要性を超えている。 通常、OPEC+諸国は、現在の政策の精神に沿っている限り、課外生産調整に反対しません。現在、補完的減産は既存のOPEC+減産に基づいています。

同グループの次の政策交渉は6月に予定されており、その時点で独立した第三者データプロバイダーはグループメンバーの生産能力のベースライン、つまり各国に割り当てられる割当てレベルの評価を最終決定することになる。 非常に望ましいベースラインを高くすると、生産上限が高くなり、生産者は価格上昇環境においてより安定した収益の恩恵を受けることができます。

驚くべき動きとして、サウジアラビアが支配する石油大手アラムコは1月下旬、原油生産能力を2027年までに日量1,200万バレルから日量1,300万バレルに増加させる長期計画を中止すると発表した。サウジのエネルギー大臣とともに。 その後、アブドゥルアジズ・ビン・サルマン王子はグリーン移行に関する決定についてコメントした。

READ  トランプ大統領の資産は64億ドルに増加、世界で最も裕福な500人リストに加わる