6月 13, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

シカゴ・オヘア空港最新情報: ブランドン・ジョンソン市長がグローバルターミナルのサテライトホール1と2のデザインを発表

シカゴ・オヘア空港最新情報: ブランドン・ジョンソン市長がグローバルターミナルのサテライトホール1と2のデザインを発表

シカゴ (WLS) — 火曜日、ブランドン・ジョンソン市長が航空省に加わり、オヘアのサテライトコンコース1ビルの設計を発表したことで、シカゴ・オヘア空港の拡張・近代化プロジェクトがさらに一歩前進した。

ABC7 シカゴは現在 24 時間年中無休で放送しています。 ここをクリックして視聴してください

サテライト 1 には、新しいゲート ラウンジ、小売店、座席エリア、その他の設備が含まれます。 その他のデザイン要素には、天窓屋根や浮遊歩道などがあります。

ジョンソン氏は「これは一世代に一度の拡大だ」と語った。 「これはシカゴ市の明るい未来を示す機会です。」

これは、主要空港の外観を変えることを目的としたオヘア 21 ターミナル エリア計画として知られる拡張近代化プロジェクトの最初の主要な要素です。

このプロジェクトでは、既存のコンコース C の延長として 19 の新しいゲートが追加されます。 ユナイテッド航空とアメリカン航空の幹部らは今月初め、第2ターミナルを再建することで市と合意に達し、その計画を称賛した。

も参照してください。 85億ドルをかけて改修されたシカゴ・オヘア空港の内部

ユナイテッド航空のブランドン・リアル・エステート・ショー副社長は、「この段階的な計画では、小規模な地域ゲートウェイを国際対応能力のある主要な国際ゲートウェイに置き換えることが優先される」と述べた。

アメリカン航空のネイト・ガッテン執行副社長は、「我々はオヘアと、当社のグローバルネットワークにおける重要な接続ハブとしての地位を維持するために、着実なペースで協力することに尽力する」と述べた。

この数十億ドル規模のプロジェクトには航空会社が一部資金提供しており、約3,800人の雇用が創出されることが見込まれている。

こちらもお読みください | ユナイテッド航空とアメリカン航空は、オヘア空港の第2ターミナルを再建することで市と合意に達した。

工事は2023年3月に始まり、いくつかの仮設歩道の建設が行われた。

「これは各航空会社にとって業務の中心であるため、各航空会社と直接協力し、これらの運航への影響を最小限に抑え、最も費用対効果の高い方法でそれを行うことが今後数カ月間の我々の目標である」とシカゴ省は述べた。航空長官ジミー・リー。

によると、現在のスケジュールでは、コンコース C の拡張としてコンコース 1 が 2028 年に完成する予定です。 Webサイト。

予算が許せば、第2サテライトロビーと第1サテライトロビーを結ぶトンネルの建設が完了する予定だ。

デザイナーの一人によると、新しいデザインには、かつてオヘア空港を占めていた果樹園へのオマージュが含まれているという。 | 記者会見全文

著作権 © 2024 WLS-TV. 無断転載を禁じます。

READ  FTCがユタ州のヘルスケア合併を阻止するよう訴える