5月 27, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ワールド・セントラル・キッチン、致命的な空爆後ガザ支援を再開

ワールド・セントラル・キッチン、致命的な空爆後ガザ支援を再開

  • アンドレ ローデンポール脚本の作品
  • BBCのニュース

写真にコメントして、 今月初め、ワールド・セントラル・キッチンの車両がイスラエルの空爆で破壊された

ワールド・セントラル・キッチンは、イスラエルの空爆で支援員7人が殺害されてから約1カ月後、ガザ地区での食料配給を再開する予定だ。

救援団体は、800万食を積んだ276台のトラックがラファ交差点を通過できるよう準備していると述べた。

「最終的に、私たちは給餌を続けるべきだと判断した」と慈善団体は日曜日に述べた。

イスラエル軍は、労働者に対する致命的なストライキと、この事件を巡る上級将校2人の解任につながった「重大な間違い」を犯したことを認めた。

WCKのエリン・ゴア最高経営責任者(CEO)は日曜日の声明で次のように述べた。「ガザの人道状況は依然として悲惨である。

「私たちは同じエネルギーと威厳を持って事業を再開し、できるだけ多くの人に食事を提供することに重点を置いています。」

同慈善団体はまた、ヨルダンからトラックを派遣し、イスラエルの3つの主要積出港の1つであるアシュドド港を利用するほか、ガザに3番目の高生産キッチンを建設すると述べた。

慈善団体は死者を出した空爆について、英国人3人、パレスチナ人、オーストラリア人、ポーランド人、カナダ系アメリカ人1人を含む援助従事者の死亡について、公平かつ国際的な調査を引き続き求めていると述べた。

「具体的な保証はありませんが、最悪の人道状況で忠実に奉仕するWCKとすべてのNGO職員をより良く保護することを目的として、私たちは答えを探し続け、変化を主張し続けます」とゴア氏は述べた。

WCKはガザ地区への切望されている援助の主要供給者の一つで、10月に戦争が始まって以来、ガザに4,300万食以上の食事を提供してきたと述べている。

ゴア氏は操業再開の決定について、「私たちは食料を供給し続けなければならないと判断し、最も困難な時期に人々に食料を提供するという使命を継続しなければならないと判断した」と付け加えた。

4月1日、人道活動を行っていた救援隊員らの車両が3発のミサイルで次々と破壊され、4分間に7人が死亡した。

イスラエル軍は慈善団体のチームに対し、海岸から倉庫まで支援物資を輸送するのを手伝うことを許可していた。 イスラエル軍は、一連の間違いや誤解によりハマスの活動家と混同され、標的にされたと述べた。

イスラエル軍は、「多数の武装集団」が車列の近くにいたが、ドローンが支援員を乗せた車を誤って追跡したと発表した。

陸軍は、兵士たちが手順に従わず、以前に承認された支援任務に関する重要な情報を受け取らなかったことを認め、謝罪した。

画像ソース、 EPA-EFE/REX/シャッターストック

写真にコメントして、 イスラエル軍の報告書によると、車列への攻撃に関与した人々は車両がグローバル・セントラル・キッチンのものであることを知らなかったことが判明した

WCKの発表は、イスラエル軍がガザへの支援のために今後数日間でガザへの援助物資を増額すると発表したタイミングで行われた。

国連報道官のダニエル・ハガリ提督は声明で、「食料、水、医療品、避難所設備、その他の援助物資が、これまで以上にガザに流入している」と述べた。

同氏は、イスラエルは米国中央軍と協力して、船舶から陸上への物流を可能にする「臨時の海軍桟橋」の建設にも取り組んでいると付け加えた。

国連は、ガザ地区での飢餓は「ほぼ避けられない」ものであり、子供たちが餓死していると警告した。

現在の戦争は、ハマスがガザ近郊のイスラエル人コミュニティを攻撃し、そのほとんどが民間人である約1,200人を殺害し、約250人を人質にしたことで始まった。

ハマスが運営するガザ保健省によると、その後のイスラエルの空爆作戦とガザでの地上作戦により、3万4454人が死亡し、そのほとんどが民間人だった。

READ  ウクライナでの奉仕を志願した 2 人のアメリカ人退役軍人が、3 か月の監禁生活を終えて帰国しました