7月 18, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本がスタートアップのためのシリコンバレーハブを立ち上げ:パロアルトのイノベーションキャンパス | アジアテック・デイリー

日本がスタートアップのためのシリコンバレーハブを立ち上げ:パロアルトのイノベーションキャンパス | アジアテック・デイリー

まだアカウントをお持ちでない場合は、 登録する

日本 日本のスタートアップのための新たなプラットフォームがカリフォルニア州パロアルトにオープンした。 経済産業省は12日、発足式典を開催した。 世界のIT産業の一大拠点であるシリコンバレー初の拠点となる。

パロアルト中心部のスタンフォード大学近くの 2 階建ての建物内にあるこの支援拠点は、年末までに完全に稼働する予定です。 戦略的な立地により、企業、ベンチャーキャピタル、研究機関などの地元機関との連携を促進することを目的としています。

同プラットフォームは産学官連携を中心に、日本のスタートアップの海外展開を支援する重要な役割を担う。 新たに開設された拠点「ジャパン・イノベーション・キャンパス」には、スタートアップ5社がオフィスを構え、運営するための専用スペースが提供される予定だ。 施設内のコワーキングスペースにはベンチャーキャピタルなど約50社も利用する。

同センターのサービスは、調査を実施し、競争の激しいシリコンバレーの環境で若い起業家にとって有利な環境を投資家に紹介するよう拡大される予定だ。

開会式に出席した西村康稔経済産業相は「若い世代が世界へ飛び出していくことが重要だ。 世界で最も洗練されたスタートアップエコシステムを持つシリコンバレーの新拠点は、日米の架け橋となる」と語った。

この協力的な環境は、スタートアップ企業に貴重なアドバイスを提供し、潜在的なビジネスパートナーを紹介し、法的支援を含む重要なサポートサービスを提供するように設計されています。

この取り組みは、起業家精神とイノベーションを促進する岸田政権の5カ年計画の一環で、海外から約1,000人が新進の起業家を支援し、育成している。

西村康稔産業大臣は、新拠点の重要性を強調し、日本にとって主要なイノベーション施設となるだろうと述べた。 若者が大胆なリスクを負い、前向きな変化に貢献するよう奨励し、

氏西村氏はアジア太平洋経済協力会議(APEC)閣僚会議のため米国を訪問中で、地元市長らとともに式典に出席した。 西村氏は、カリフォルニア州パロアルトに新たに設立された拠点の重要性を強調し、若い起業家が世界に変革的な影響を与えるイノベーションを生み出す拠点となるというビジョンを表明した。

アメリカ訪問後、Mr. 西村氏は13日にサンフランシスコで開催されるインド太平洋経済枠組み(IPEF)閣僚会合に出席する。

IPEF には、日本、米国、オーストラリアを含む 14 か国の協力が必要です。 今年5月に設立され、サプライチェーンの強化に重点を置き、脱炭素化や貿易円滑化などさまざまな分野で幅広い合意を得ることを目指している。


続きを読む:

READ  日本の井上ネリがスーパーバンタム級世界タイトルに挑戦