2月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の千葉県柿山が四大陸でトップクラスの競技会に

日本の千葉県柿山が四大陸でトップクラスの競技会に

上海(AFP) – 日本の柿山優真選手が怪我から元気に復帰し、木曜日に上海で開催された四大陸フィギュアスケート選手権でシーズン最高の演技を披露した。

公開日: かわった:

3分

女子では同胞のモネ・シバがショートプログラムで1位となり、前回優勝者のイ・ヘインのミスだらけの演技で11位に終わった。

このイベントに臨む鍵山は明らかに優勝候補であり、彼の主なライバルの2人、アメリカのイリヤ・マリンンと日本の宇野昌磨は出場しないことを選択している。

20歳の彼女は、イマジン・ドラゴンズの「ビリーバー」に合わせた力強く叙情的なスケートを披露し、審査員から106.82点を獲得した。

銀色の鱗でトリミングされた黒いスーツを着た鍵山は、氷の上を舞い上がり、2つの4回転ジャンプを楽々と決め、完全にコントロールしているように見えた。

その後、報道陣に対し「前回の大会では最初のジャンプから緊張しましたが…今日は最初から音楽にのめり込めました。

「今日はシーズンベストを達成しましたが、まだ始まったばかりのような気がします。」

柿山は足首の負傷で昨シーズンの大部分を欠場したが、11月のNHK杯で宇野を破り、12月の北京でのグランプリファイナルで3位に入賞するなど、元気を取り戻してきた。

佐藤駿が99.20点で2位となり、日本にとって良い夜となった。 韓国のチャ・ジュンファンは95.30点で3位となった。

興奮した観客からの最大の歓声は、ウルトラボックスの「ウィーン」に合わせて歓喜の滑りを見せて5位に入った中国人スケーター、ジン・ボーヤンに向けられた。

彼がゴールすると観衆はどよめき、何百ものぬいぐるみをリンクに浴びせ、お辞儀をするファンによって氷上に投げられた物体を掃く子供スケーターである「スイーパー」たちを大量に集めた。

シパは神経を克服する

女子部門では、シバが優秀な短編映画プロジェクト「Les Eux Noirs」で71.10点を獲得した。

千葉さんは短編映画プロジェクト「Les Eux Noires」で自己ベストの71.10点をマークした。 ©グレッグ・ベイカー/AFP

韓国のキム・セヨンが69.77点で2位となり、米国スケーターのエヴァ・マリー・ジーグラーが「ジョーズマン」で3位となった。

昨年の四大陸選手権で3位に入ったシパは記者団に対し、最近の大会で転倒して自信を揺さぶられたため、大会に臨むのは緊張していると語った。

「でも、ここに来てからは調子が良いので、信じなければいけないと思った」と18歳は語った。

「転倒したらどうなるかという不安と、その二つの考え方の間で葛藤する間で引き裂かれました。」

世界銀メダリストのリーには、そのような幸運はなかった。

彼はジャズ風のショートプログラムを華麗にスタートしたが、トリプルフリップジャンプの試みで転倒し、その他にも大きなミスを犯した。

リーはこのイベントに臨む最有力候補だが、金曜日のフリースケートでは56.07点でトップ10圏外となった。

韓国人選手は後にメディアに対し、試合前に「大きなショック」を受け、「とても悲しくストレスを感じた」と語った。

ペアでは、カナダ人のディアナ・ステラト=デュテックとマキシム・デシャンが、デシャンが「オキシジェン」ラインの早いジャンプで転倒したにもかかわらず、ショートプログラム終了後にリードしていた。

最終的に彼らは力強い逆転劇を見せ、ディフェンディングチャンピオンの三浦陸選手と木原龍一選手を69.48対65.61点で破った。

三浦選手がシーズン前半に腰を負傷したのは、日本のダブルスの大会で初めてだった。

READ  PSGが3試合ツアーで日本に到着