7月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の半導体メーカー、ジオクシアとウエスタンデジタルが合併交渉中

日本の半導体メーカー、ジオクシアとウエスタンデジタルが合併交渉中

日本の半導体メーカー京夏ホールディングスと米国の同業ウエスタンデジタルは経営統合に向けて詳細な協議を進めており、これにより大手ライバルと同等の世界規模の新たなメモリチップ企業が誕生する可能性があると関係者らは語った。 金曜日。

関係筋によると、両社は生産・販売活動を統合するため合弁会社の設立を検討しており、ジオクシアが新会社の過半数の株式を保有する可能性がある。

同社の事業統合の話は、新型コロナウイルス感染症後のスマートフォンの販売不振に伴うNAND型フラッシュメモリチップの需要減により収益が圧迫されている中で出た。 両社はすでに日本の岩手県と三重県で工場を共同で運営している。

韓国のSK Hynix Inc. 2020 年のインテル社同社が2025年までにNAND型フラッシュメモリー事業を買収する計画を打ち出したことを受け、この動きは業界の最新の再編となる。

東芝はキョクシア株の約40%を保有しており、東京を拠点とするファンド日本産業パートナーズが主導するコンソーシアムからの買収計画による事業再編に取り組んでいる。 ソフト改革。

キオクシアはスマートフォンやパソコン向けのチップ需要の減少を受け、昨年3月期に純損失1381億円(9億9400万ドル)の赤字に陥った。

2022年、キオクシアとウェスタンデジタルは、世界のNANDフラッシュメモリチップ市場でそれぞれ110億ドルと80億ドルの売上高で第3位と第4位にランクされるだろう。

英国の調査会社オムティアのデータによると、昨年の両社の合計売上高は、トップメーカーのサムスン電子の200億ドルと比較される。

東芝は2018年、リストラの一環として現金を調達するため、チップ部門(後にジオクシアと改名)の過半数株式を米プライベートエクイティファンドのベインキャピタル主導のコンソーシアムに売却した。

同社は当初、株式公開を計画していたが、市況が不利なため計画は延期された。


関連報道:

世界的なチップメーカーは政府の支援を受けて日本への投資に意欲的

日本はラピダスに2600億を支払う。 北海道新工場への円補助金

日本、中国への先端チップ製造装置の輸出を制限


READ  日本はより厳格でない暗号税規則を実施する