4月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の岸田首相、露出度の高いダンサーによる与党のパフォーマンスを非難

日本の岸田首相、露出度の高いダンサーによる与党のパフォーマンスを非難

画像のキャプション、

物議を醸しているこの会合は、与党が直面している一連のスキャンダルの最新のものである。

日本の岸田文雄首相は昨年11月の与党議員会議で、露出度の高いダンサーたちを激しく非難した。

報道によると、自民党支部が主催したこのイベントの流出映像には、水着を着た女性が参加者の膝の上に座っている様子が映っていたという。

岸田氏は金曜日、議員らから追及された際、この事件は「非常に不適切で、非常に遺憾だ」と述べた。

少なくとも主催者1人が党を辞任した。

地元メディアの報道によると、彼女たちは大阪と京都を拠点とするグラマーダンサー一座の一員で、参加者の口からぶら下がっている紙幣を口を使って拾うよう求められたという。

和歌山市西部の自民党青年部のメンバーらがイベントに出席した。

主催者の一人、川端哲也氏は、「ゴーゴーダンサー」(ナイトクラブで観客を楽しませるために雇われたダンサーのこと)は「多様性」を確保するためのものだと述べ、イベントを擁護しようとした。

「多様性のテーマに適合するかどうかなど、さまざまな観点からダンサーを招待した」と地元自民党青年部副会長の川畑氏は日本の放送局全日制ニュースネットワークに語った。

カバパダ氏は、この会談は「私の期待を超えた熱意」を呼び起こしたと伝えられた。

現在、彼は党を辞職したと言われている。

自民党の全国青年部は先に謝罪し、イベントに出席した他の議員2人も同部の職を辞任すると述べた。

岸田氏は水曜日、このイベントは「多様性という内閣の目標に沿っていない」と述べた。

地元メディアの報道によると、同氏は「私の内閣が望んでいるのは、すべての人々が自分の尊厳と多様性に人生の意味を感じられる包摂的な社会だ」と語った。

同氏によると、このイベントの資金は納税者のお金ではなく、参加者の会費によって賄われていたという。

これは自民党が直面した一連のスキャンダルの最新のものであり、最も注目に値するのは党の最も強力な部門が関与した資金集めスキャンダルである。

それは、同党が男性優位の日本の政界にさらに多くの女性を参加させようとしている時期に行われた。 岸田内閣には現在、過去最多となる5人の女性が在籍している。

しかし、政権支持率は2012年に自民党が政権に復帰して以来最低となっている。 木曜日の世論調査では、3月の上昇率は18%となった。

READ  ウクライナ戦争が長引き、太平洋の緊張が高まる中、空軍はF-16をヨーロッパから日本に移す