7月 17, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の日経225指数はウォール街での市場の上昇を追いながら上昇に近づいている

日本の日経225指数はウォール街での市場の上昇を追いながら上昇に近づいている

東京(AP通信) – ウォール街のベンチマークがさらに多くの節目を達成したことを受け、火曜日のアジア株は上昇し、東京のベンチマークは再び過去最高値を記録した。

日本のベンチマークである日経225は2.0%上昇し、過去最高の41,580.17となった。 これまでの日中取引高値を一時上回った。

テクノロジー関連株が上昇し、コンピューターチップメーカーの東京エレクトロンは3.8%、チップ検査装置メーカーのアドバンテストは4.1%上昇した。 精密機器メーカーの株式会社ディスコ。 2.5%上昇し、チップ用シリコンを供給する信越化学工業も他の製品とともに2.7%上昇した。

オーストラリアのS&P/ASX 200は0.9%上昇し7,829.70となった。 韓国のコスピは0.3%上昇し2864.85。 香港のハンセン指数は0.3%高の1万7577.60、上海総合指数は1.3%高の2959.74となった。

IGの市場アナリスト、イェップ・ジュン・ロン氏は「今週の米連邦準備理事会(FRB)議長証言と米国の重要なインフレ発表を前に、リスクテイクはさらに高く評価されるだろう」と解説で述べた。

ウォール街では、S&P500種とナスダック総合がそれぞれ過去最高値を更新した。 S&P 500は0.1%上昇して5,572.85、ナスダックは0.3%上昇して18,403.74となった。 ダウ工業株30種平均は0.1%安の3万9344.79ドルで終了した。

ウォール街の指数は過去数カ月間安定しており、これによりS&P 500指数は今年これまでに35の記録を達成した。

複数の半導体メーカーを含むテクノロジー株の上昇は、S&P500種の通信サービス、エネルギー、その他セクターの下落によって相殺された。 エヌビディアは1.9%上昇し、ブロードコムは2.5%上昇し、アドバンスト・マイクロ・デバイセズは3.9%上昇で終了した。

特殊ガラス製品メーカーのコーニングは売上高予想を引き上げたことを受け、月曜の市場で最大の上昇率となり12%上昇した。

トラブルに見舞われた旅客機ボーイングは、346人が死亡したジェット旅客機737マックスの2度の墜落に端を発する刑事詐欺罪で有罪を認めたことを受け、0.5%上昇した。 その会社は政府によって設立されました 契約違反 3年以上にわたって訴追から守られていた。

エンターテイメントの巨人 パラマウント・グローバル S&P500種株価指数は5.3%下落し、スカイダンスとの合併合意以来最大の下落となった。

トレーダーらは今週、木曜日のデルタ航空の最新情報を含む複数の決算報告を期待している。

JPモルガン、シティグループ、ウェルズ・ファーゴは金曜日に決算を発表する。 銀行に対する最新の情報により、ウォール街は顧客が増加した負債にどのように対処しているのか、また銀行が支払いや潜在的な負債について懸念しているかどうかをより明確に把握できるようになる可能性がある。

FRBのジェローム・パウエル議長は火曜日と水曜日に議会で演説する。 中銀はインフレ抑制に向けて主要金利を過去20年以上で最高水準に維持している。

中央銀行の目標 経済成長を過度に低下させることなく、インフレ率を2%まで引き下げるべきである。 インフレは依然として消費者の重しとなっているが、2年前のピークからは大幅に緩和した。 今年の経済成長は鈍化したが、堅調な雇用市場と個人消費を背景に比較的堅調な状況が続いている。

「証言初日は常に最も重要な日だ。なぜなら、全体的な論調や重要なメッセージを知ることになるからである。パウエル議長がインフレの進行について慎重になり、FRBが十分な情報を集めるまで米国の政策当局者に辛抱するよう指示すると予想する人はほとんどいない」インフレが2%の目標に向けて着実な軌道に乗っている証拠だ」とスイスコート銀行のシニアアナリスト、イベク・オスカルデスカヤ氏は述べた。

中銀は木曜日に消費者レベルのインフレに関するさらなる最新情報を受け取る予定だ。 最新の政府報告書を受け、ウォール街は6月のインフレ率が5月の3.3%から3.1%に鈍化すると予想している。

コストが消費者に転嫁される前に、卸売物価インフレに関する報告書が金曜日に発表される予定だ。

債券市場では国債利回りが比較的安定した状態を維持した。 10年米国債利回りは金曜終盤の4.28%から4.27%に低下した。

エネルギー取引では、米国原油は8セント上昇して1バレルあたり82.41ドルとなった。 国際ベンチマークであるブレント原油は9セント上昇し、1バレルあたり85.84ドルとなった。

為替取引ではドルが160.80円から160.90円まで上昇した。

ユーロは1.0831ドルで取引され、1.0827ドルからほとんど変わらず。

READ  日本中の寺院に行き、仏教セクションの次のアプリを通してポイントを獲得してください