6月 26, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の消費は年間42,000人の早期死亡に関連しています

新しい調査によると、日本の消費者活動は、主に日本に大量の商品を輸出している国々で、大気汚染のために毎年数万人の早期死亡を引き起こしています。

科学者のチームは、自国で平均より早く死亡する人々の数を取り締まり、日本の経済活動の結果として、5歳未満の子供1,000人を含む約42,000人の民間人が死亡しています。

彼らが亡くなったとき、彼らは平均して70歳でした。

早期死亡のほとんどは、日本への主要な輸出国である中国、インド、およびその他の発展途上国で報告されています。

茨城県サキュバスにある国立環境調査研究所の南西圭塚氏は、消費者が購入決定を通じて状況を改善できるように、企業はより良い情報を提供すべきだと述べた。

「企業は、消費者が完全な対策を講じている企業からオファーを選択できるように、製品のライフサイクルにおいて国内および世界の両方で大気汚染をどのように管理しているかに関するデータを公開する必要があります。」

研究者たちは、京都大学、九州大学などの科学者とともに、ネイチャーコミュニケーションズ誌の11月号に調査結果を発表しました。https://doi.org/10.1038/s41467-021-26348-y)。

日本や他の先進国で消費される多くの製品やサービスは発展途上国や発展途上国で製造されているため、チームは労使関係分析と呼ばれる方法を使用して、地元の石炭からのPM2.5排出の健康への影響を評価しました。 輸出用の商品を生産する発電所および工場。

科学者はその結果を人口統計データと組み合わせて、感染症や脳卒中など、PM2.5粒子に関連する5つの主要な健康問題で早期に死亡する人の数を予測します。

世界保健機関は、PM2.5または2.5マイクロメートル以下の直径の粒子状物質で毎年400万人が早期に死亡すると推定しています。

この研究は、これらの400万人の死亡のうち200万人が、EUを除く20の地域のグループでの消費によるPM2.5によって引き起こされていることを明らかにしています。 犠牲者の80,000人は5歳未満の子供でした。

日本の消費は年間約42,000人の早期死亡に関連しており、70%が国外で発生しています。

日本では、消費による年間5歳未満の子供の早期死亡は170人と推定されていますが、インドとインドネシアでは、それぞれ260人と40人と推定されています。 海外合計970。

日本での商品の生産は、国内で毎年17,000人の早死につながります。 これらの人々は、産業プラントや石炭火力発電所から放出されるPM2.5粒子の健康への悪影響により、平均76歳で死亡しています。

国内の数は国外の推定早期死亡者数よりもはるかに少なく、日本の消費はサプライチェーン活動によって引き起こされた大気汚染によって他の国に比例して影響を及ぼしているという事実を強調しています。

READ  日本の富士電機パワーチップが3億6000万ドルのビジネスを後押し