2月 3, 2023

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のMKグループは電動BMWをタクシーとして使用


日本の MK グループは、東京と京都のタクシー部門に 35 台の BMW 電気自動車を追加しました。 日本の首都では、同社は現在 20 台の BMW i7 を運用しており、さらに 10 台の BMW i7 と 5 台の BMW i7 が京都でサービスを開始しています。

両都市のタクシー事業は、グループの別の子会社である京都MKと東京MKによって運営されています。 京都では、事業者は、2025 年までにタクシー車両全体の 30%、2030 年までに 100% のシェアを達成するという目標を設定しています。 BMW の新しい電気自動車に加えて、Kyoto MK はすでに、トヨタとレクサスの完全電気自動車のメルセデスベンツ EQC とハイブリッド モデルに加わります。

MK は 1960 年に京都で設立され、さまざまな業界で事業を展開しています。 アミューズメントショップ(京都のボーリング場など)やガソリンスタンド、京都・大阪・神戸・愛知で観光バス・スクールバスなどを運営。 タクシーおよびレンタカー事業では、MK グループは日本の 8 つの地域 (京都、札幌、東京、名古屋、滋賀、大阪、神戸、福岡) に子会社を持っていると主張しています。 保有するタクシー、レンタカー、バスは合計 2,000 台です。

carbuzz.compress.bmwgroup.com (日本語プレスリリース)

READ  日本のオークラホールディングスは2021年半ばに290万ドルの損失に直面する