6月 14, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は2025年のイングランドへ向かう途中で香港の中国の挑戦者を破った

日本は2025年のイングランドへ向かう途中で香港の中国の挑戦者を破った

サクラ15ズはアジアラグビー女子チャンピオンシップ防衛戦を香港中国戦にボーナスポイント勝利でスタートしたが、勝利に向けて懸命に努力した。

日本が一歩を踏み出した 2025 年女子ラグビーワールドカップ そして WXV2 香港は水曜日、キングスパークスポーツスタジアムで中国に29対12の激戦を勝利し、出場権を獲得した。

サクラ15ズは、6度目のタイトル獲得の最有力候補として2024年のアジアラグビー女子チャンピオンシップに臨んだが、ホストチームの粘り強いパフォーマンスによって深掘りされた。

日本はメレ・ユア・ハビリ・香川選手とキャプテンの永田いろは選手のトライで12-0とリードしたが、最後の10分に永田虹穂選手と畑田桜子選手が香港中国ラインを越えてフィニッシュ&トライのボーナスポイントを獲得した。

サクラ15チームの典型的な勝利とは程遠く、香港チャイナはシャナ・フォレストとチョン・カー・ヤンにあまり力を入れなかった。

日本は月曜日のトーナメント最終第2戦でカザフスタンを破れば、2025年イングランド大会と2024年南アフリカ大会のWXV2へのチケットを予約することになる。

その後の講演で、永田いろはは、日本がそれまでの80分間で「いくつかの厳しい時間」を過ごしたことを認めた。

「偉業を達成できて良かった」と彼は語った。 「修正するのに4日間あるので、次の試合に行くつもりだ」

2017年の女子RWCでは日本が11位決定戦で勝利したが、香港中国が唯一勝利したのは10年前のため、両国はまだテストに出場していない。

当然のことかもしれませんが、ページ間には 7 つのスペースが与えられています。 ワールドラグビー女子ランキング日本は試合を有利にスタートした。

さくらがこの試合最初のトライを記録するまでに15秒かかった。トライラインに向かう途中で香川が2度のタックルをかわしてボールを倒した。

当初はトライは認められなかったが、TMOの審査でウインガーの手とボールの間に距離がなかったとの判定が下され、トライが認められた。

香港中国は守備を大幅に変更する必要があり、26分にフッカー谷口琴美の巧みなラインアウトでスペースが生まれ、永田彩葉が得点した。

しかし、ハーフタイム時点では日本がリードをさらに広げるかと思われたが、ホストチームが数段階にわたるプレッシャーを見事にかわした。

まず、クロエ・バルタザールがボールを上げ、日本が香港の中国ラインを突破し、その後、ナターシャ・オルセン=ソーンがシンビンに送られた後、ホスト国は決定的なリターンを手にした。

香港中国は後半序盤からそのレベルのエネルギーを維持し、オルソン=ソーンがフィールドから離れている間、訪問チームを無得点に抑えた。

ジョー・スミスとガブリエラ・リバースのゴールアトライ数が減少し、試合は日本陣内での展開が多くなり、ホームチームは点差を縮めるチャンスを2度逃した。

試合は短縮され、66分に日本が攻撃的なペナルティーをポストに当て、大塚彩紗がリードを15点に広げた。

その直後、フォレストが香港中国の努力に報いるために至近距離からドリルオーバーを行ったとき、これは賢明な決断だったことが証明された。 Smith は追加機能を追加しました。

フォレストのトライでホストチームはボーナスポイントまであと少しのところまで迫ったが、試合から何かを得るという期待は6分間で日本の2トライによって打ち砕かれた。

まずは中田虹穂選手がラック下からオーバー、畑田選手がスラロームランでこの試合のトライを決めた。

香港中国にはまだ時間はあったが、チョン・カ・ヤンが至近距離からゴールを決めたとき、ホームのファンはさらに歓喜するものがあった。

2025年女子ラグビーワールドカップがイングランドで開催されます。 今すぐ登録 まずはチケットについてお尋ねください。

READ  日本はFFC子会社にGMPに従い、有害事象を報告するよう義務付けている