7月 25, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

株式市場は20%急落、景気後退に突入

株式市場は20%急落、景気後退に突入

JPモルガンのマルコ・コラノビッチ氏は、S&P500種株価指数の20%下落に備えている。

機関投資家の殿堂によれば、高金利は株の限界点を生み、短期金融市場利回りが5.5%の現金と短期国債を選択することが、現在重要な保護戦略となっている。

「それをどうやって回避すればいいのか分かりません [recession] この金利水準を維持すれば」と同社の首席市場ストラテジスト兼グローバル調査共同責任者は木曜日、CNBCのファストマネーに語った。

S&P 500は木曜日に4,258.19で取引を終了し、5週間の連敗の瀬戸際にある。 同指数は過去1カ月で5%以上下落した。

コラノビッチ氏は、弱さはすでに大幅な下落があることを示す強い兆候ではないと考えている。 同氏は、今後数カ月間の経済報告に大きく依存するため、短期的な回復の可能性は依然としてあると指摘した。

」[We’re] 同氏は「必ずしも直ちに急激な下落が必要というわけではない」と述べた。 「株価がさらに5、6、7%上昇する可能性はありますか?確かに…しかし、下降面もあります。20%の下落がある可能性があります。」

同氏は、アップル、アマゾン、メタ、アルファベット、エヌビディア、テスラ、マイクロソフトを含む「マグニフィセント7」銘柄は、高金利の中での歴史的な上昇により、深刻な損失を最も受けやすい銘柄の一つであると警告している。 同グループは年初から83%上昇しており、S&P500種の上昇の大部分を支えている。

「もし不況が来たら、それは素晴らしいことだと思う」 [seven]コラノビッチ氏は、生活必需品や公益事業などの影響を受けるセクターを挙げ、「我々は残りの部分に到達するだろう」と述べた。

さらにコラノビッチ氏は、経済的背景により消費者は深刻な経済的困難に直面していると考えている。

「雇用市場は依然として好調です。しかし、緊張が見え始めています。 [the] 消費者は、何らかの滞納を見た場合、 [credit] 彼はカードと自動車ローンを指さした。 「私たちはまだかなり否定的です。」

インスティテューショナル・インベスターズの首席株式ストラテジスト、コラノビッチ氏は、S&P500指数の年末目標を4,200として今年を迎え、2022年の終値は3,839.50となった。

免責事項

READ  中国の巨人はこれまでで最も遅い収益成長を記録します