5月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

韓日中小企業、交流拡大で合意

韓日中小企業、交流拡大で合意

[Photo by The Korea Federation of SMEs]

韓国中小企業総連合会(KBIZ)と日本の全国中小企業団体中央会は、両国の中小企業間の交流を拡大することで合意した、とKBIZが日曜日に発表した。

この合意は金曜日、ソウル汝矣島のKBIZ本部で開催された会議で締結された。

協会会長の森博史氏が率いる日本の代表団は、2023年10月にKBIZが日本の代表者を訪問したことに応じた。

両機関は韓日間の経済協力の重要性への理解を表明し、民間交流を促進するためのさまざまな方策について議論した。

特に、協力交渉制度や事業承継計画など、両国の中小企業が直面する共通の政策や課題を共有し、中小企業団体間の交流を拡大することで合意した。

会合に先立ち、日本の代表団は中小企業を支援するために設立されたホーム&ショッピングを訪問し、最高の中小企業製品の競争力を評価し、これらの企業に対する支援の必要性について合意した。

KBIZのキム・ギムン会長は、情報通信技術(ICT)における韓国の強みと材料、部品、設備などの主要技術における日本の強みを補完すると強調した。

同氏は、両国の中小企業間で具体的な成果を達成するには積極的な相互交流が必要であると述べ、覚書を通じた具体的な交流と成果の普及を求めた。

森大統領は、昨年10月以来、包括的協力について話し合うため韓国を訪問できたことに喜びを表明した。

同氏は、韓国と日本の中小企業を代表する二つの団体の間で頻繁に会合を開く必要性を強調した。

キム・ドンウン、ミヌ・キム著

[ⓒ Pulse by Maeil Business News Korea & mk.co.kr, All rights reserved]

READ  廣田夏希選手が日本歴代4位の速さで100フライヤーを達成した。