4月 19, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

BANGKOK POST – 日本の地方自治体がキャッシュレス決済システムの推進で高齢者を支援

BANGKOK POST – 日本の地方自治体がキャッシュレス決済システムの推進で高齢者を支援

2024年3月15日、日光市の鬼怒川温泉駅で観光列車SL大樹の写真を撮る観光客。 多くの自治体が高齢者向けにQRコードの利用を奨励している。 (写真:ロイター)

福賀: 現金への依存で悪名高いこの国では、日本中の自治体が QR コードを使用した取引にショッピング ポイントを提供することでデジタル消費を促進する電子決済推進を実施しています。

地元企業や商店主と連携したこうしたキャンペーンは人気が高まっており、関係自治体が実施するケースも多くなっている。 しかし、誰もが幸せなわけではありません。

特に高齢者など、消極的な人もいますし、デジタル機器を操作したり、買い物の際に現金を確認するのが難しいと感じる人もいます。

日本の高齢者人口が異常に多いことが、コロナウイルスのパンデミック中に劇的に加速した電子決済システムの導入に日本が消極的な主な理由のようだ。

QRコードの取り組みでは、地方自治体が希望者に紙の商品券を提供したり、高齢者を対象としたスマートフォンの講習会を実施したりすることで、層間の格差を解消しようとしている。

福岡県田川市の例です。 人口45,000人の日本の南西部の都市の政府は、1月に4回目となるQRコードベースの消費刺激プログラムを実施した。

かつて炭鉱の町だった太川市は、現在、州内で最も高齢化が進んでいる自治体の一つとなっている。 しかし、同市当局はQRコード方式を含むキャッシュレス決済の推進を進めている。

市産業振興課商工企業課の瀬戸口充久課長(46)は「市民からは毎月見たいという声が上がっている」と話す。

地方自治体は通常、連邦政府からの地方創生特別交付金などの財源を活用し、大手QRコード決済システム運営者と協力して個人消費を促進している。

QR コードは、大手自動車部品メーカーのデンソーが率いる複合企業体である日本の産業機器メーカー、デンソーウェーブ株式会社によって、自社の在庫を追跡するために 1994 年に発明されました。

現在、QR コードは非常に幅広い商用用途があり、非接触型の支払い方法としてよく使用されており、消費者がコードをスキャンしてモバイル アプリケーションから商品やサービスを購入できるようになります。

タガワは2020年10月に初めてQRコードプログラムを開始し、現在はデジタル決済システムのPayPay、au Pay、d-paと提携している。 支払い方法を使用すると商品が 20% 割引になる最初のプログラムの開始後、市によると、その期間中に管轄内の QR コードのユーザー数は 30% 増加しました。

しかし、デジタル機器に不慣れな個人やスマートフォンを所有していない多くの高齢者は、そのようなキャンペーンから恩恵を受けるとは考えていない。 2023 年 10 月 1 日現在、太川町の人口の 34% が 65 歳以上であり、州平均の 31% を上回っています。

この制度が導入される前、市当局には「自分のスマートフォンを持っていないため、このキャンペーンがどのようなメリットをもたらすのか分からない」という苦情が複数寄せられていた。

しかし、パンデミックが沈静化して以降、田川さんは同様のキャンペーンを続けている。 これに追随する地方自治体も増えている。

2020年7月にこの取り組みを開始し、サービスの提供で中心的な役割を果たしているPayPay株式会社は、2月15日現在、457の自治体がQRコードの受け取り計画を実施している、または予定している。

このうち山形県酒田市と滋賀県長浜市は2回以上281回、岩手県花巻市は10回となっている。

ペイペイ関係者は、これらのスキームは地方自治体と消費者にとって相互に利益をもたらすものであり、それが複数の分野にわたる電子決済キャンペーンの実施につながったと述べた。

同担当者は「地方自治体は払い戻しのための買い物券を発行・印刷する必要がなく、消費者も買い物券を購入するために外出する必要がない」としている。

地方自治体にとって、現金に依存している人々のキャッシュレス決済への転換は急務となっている。 「デジタルプア」の一部である高齢者は、若者に比べてデジタルアクセスの利便性やメリットを享受できないことがよくあります。

内閣府が2023年7~8月に約1600人を対象に実施した調査では、70歳以上の半数がスマートフォンなどのデジタル機器を「ほとんど使わない」「まったく使わない」と回答した。

こうした中、太川市は2009年に発行した紙製買物券の発行を継続することを決めた。 関係者は「同紙に対する信頼は依然として強い」と述べた。

市では高齢者の普及促進のため、スマートフォンの操作方法を教えるセミナーを開催している。 同様に、花巻市役所も移動販売店の利用者に支援を提供しているほか、多くの自治体が庁内に相談窓口を設置している。

田川市職員の瀬戸口氏は、人々にスマートフォンの使い方を教えることがキャッシュレス化への早道だと語った。

「何よりもまず、この機会を利用してキャッシュレス決済について人々にスマートフォンの操作方法を学んでもらいたいと考えています」と同氏は述べた。

READ  高い石油価格は日本の伝統的な銭湯を冷やすことができます