5月 29, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

IFSシンクタンクは英国が記録的な税水準を達成する軌道に乗っていると発表

IFSシンクタンクは英国が記録的な税水準を達成する軌道に乗っていると発表

  • ジョシュア・ネビット著
  • BBC 政治

画像ソース、 ゲッティイメージズ

写真にコメントして、

2019年の総選挙で保守党が勝利して以来、英国政府が課す税金は大幅に上昇した

財政研究所の分析によると、政府は記録が始まって以来最大の増税議会を監督する軌道に乗っている。

IFSは、2024年に予定されている次の総選挙までに税金が国民所得の約37%に達すると予想している。

これは第二次世界大戦直後の1948年以来の水準となる。

この報告書を受けて財務省報道官は、「われわれが実現できる最も効果的な減税」は「インフレを抑制する」ことだと述べた。

「私たちは2010年以来、個人の限度額を引き上げることにより、300万人を完全に税金の支払いから解放してきました。」

IFSによれば、来年、政府は2019年以前の水準より最大1,000億ポンド以上多くの税金を徴収することになる。

一部の保守党議員は、来月の政府の秋の声明で減税を行うようジェレミー・ハント首相に圧力をかけている。

しかしハント氏は先週、減税は「ほぼ不可能」だと述べた。

IFSの分析は、日曜日に始まるマンチェスターでの保守党大会の前夜に発表された。

歴史的に高い

IFSによれば、政府は現在、国民所得に占める割合として、1940年代以降のどの時期よりも多くの税収を徴収しているという。

近年、政府は法人税の19%から25%への引き上げや、エネルギー会社の利益に対する課税など、一連の増税措置を発表している。

IFSによると、税収に関するデータは1948年までしか遡れない。

財政研究所によると、1900年以来123年間で、税金だけでなく政府の歳入がこの議会でこれほど増加したのは、二度の世界大戦中と直後だけだという。

この分析には、英国の全体的な税水準が「他の先進国と比べてかなり平均的」であるという指摘を含め、多くの注意点が含まれていた。

IFSの首席調査エコノミスト、ベン・ザランコ氏は、税率は主に経済を維持するために政府支出が増加した「パンデミックの直接の結果」ではないと述べた。

ザランコ氏は「これは人口動態の変化や医療サービスへの圧力、緊縮策の一部縮小などを理由に政府支出を増やす決定を反映している」と述べた。

同氏はさらに、「今議会は増税に基づく経済への決定的かつ永続的な移行を示すものとなるだろう」と付け加えた。

「トンネルの先には光がある」

リズ・トラス氏と、短命で経済的に困難を抱えた政権の元閣僚らは、減税と急進的な自由市場経済政策の促進を求める主張を推進するため、1月に保守党成長グループを立ち上げた。

この報告書に対し、トラス氏は「この前例のない高い税負担が英国経済停滞の理由の一つだ」と述べた。

同じく保守党のジョン・レッドウッド氏は、企業向け付加価値税基準値の引き上げや燃料税の引き下げなど「手頃な減税」が行われていると述べた。

スナク氏は木曜日のBBCとのインタビューで、1月に掲げた5つの公約のうち、今年末までにインフレを半減させることが「最も重要」だとの考えを示した。

2022年10月から12月までの3か月間でインフレ率は10.7%に達しており、これは政府がインフレ率を5.3%まで低下させることを目指していることを意味する。

スナク氏は「インフレは低下しており、トンネルの先には光が見えているが、われわれは計画を堅持する必要がある」と述べた。

労働党は保守党が「13年間にわたる低成長と賃金停滞」を監督してきたと述べた。

財務省影の首席秘書官ダレン・ジョーンズは、「英国人は懸命に働いているが、保守党による25回の増税と、家計に対する継続的な保守党のプレミアムにさらされている」と語った。

自由民主党は、保守党がトラス政権下で「経済を破壊」し、「国民にその代償を払わせている」と主張した。

財務省報道官サラ・オルニー氏は、「この政党は国民への増税をしないと約束した政党であり、現在は家族に鼻から税金を課している」と述べた。

READ  ハリケーン イアンの最新情報: 熱帯性暴風雨は、サウスカロライナ州に接近するにつれて、カテゴリー 1 のハリケーンとしての力を取り戻します