2月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

NHK杯で鍵山と宇野が日本代表1-2フィニッシュ

NHK杯で鍵山と宇野が日本代表1-2フィニッシュ

日本の柿山優真選手が土曜日、NHK杯で男子の宇野昌磨選手を僅差で破り、フィギュアスケートグランプリサーキットで2シーズンぶりの優勝を飾った。

大阪府門真市の東和薬品ラグトップドームで金曜日のショートプログラムを終えて首位に立った2022年北京冬季オリンピック銀メダリストは、フリースケートで182.88点を加え、合計288.39点となり、宇野選手に1.84点差をつけてフィニッシュした。

ショートプログラムで100.20点を記録したオリンピック銅メダリストの宇野選手は、フリースケート最高得点の186.35点を獲得した。 スイスのウカシュ・プリツキーはフリースケート3位の168・18点、254・60点で銅メダルを獲得した。

2023年11月25日、西日本の門真市で開催されたフィギュアスケートNHK杯の男子競技で金メダルと銀メダルを獲得した後、日の丸を持ってポーズをとる柿山優馬選手(右)と宇野昌磨選手。 (京都)

鍵山は足首の負傷で2022-2023シーズンを全休したが、今月初めのフランスグランプリでトップクラスの競技に復帰し銅メダルを獲得した。

20歳の彼女は土曜日のフリースケートでトリプルアクセルの試みで転倒したが、新コーチのカロリーナ・コスナーと一緒にルーティンの一部として4回転サルコウと4回転トウループのコンビネーションなどを演技した。

日本のフィギュアスケーターの柿山優真は、2023年11月25日に大阪府門真市で開催されるNHK杯の男子フリープログラムに出場する。 (京都) ==京都

「終わるまでは結果についてはあまり考えていませんでした。今日氷上でやるべきことに集中するだけでした」と柿山は語った。

「もちろん型にはまったのは残念でしたが、すべての要素を落ち着いて実行できたので、次の試合に向けてもう一度集中して良い結果を出せるようにしたいです。」

彼と宇野は、12月7~9日に北京で開催されるグランプリファイナルへの出場枠を予約している。 柿山選手にとって、グランプリシーズン中の各部門上位6名が参加できるこの大会への初参加となる。

日本のフィギュアスケーターの宇野昌磨は、2023年11月25日に大阪府門真市で開催されるNHK杯の男子フリープログラムに出場する。 (京都) ==京都

以前NHK杯で優勝した柿山は「昌磨君と同じ大会で滑ることができて本当に楽しかったし、最高でした。グランプリファイナルでもまたやらなくてはいけないので楽しみです」と語った。 2020年門真にて。

女子レースでは、アメリカのティーンエイジャー、エヴァ・マリー・ジーグラーがショートプログラムから4つ順位を上げ、キャリア初のグランプリ優勝を果たした。

アメリカのフィギュアスケーター、エヴァ・マリー・ジーグラーが、2023年11月25日に大阪府門真市で開催されるNHK杯の女子フリープログラムに出場する。 (京都) ==京都

17歳のジーグラーがフリースケートで138.46点、合計200.50点で優勝した。 ショートプログラムのリーダーで17歳のリンジー・ソーングレンはフリースケートで129.80点を記録し、198.73点で2位となった。

グランプリファイナル前のシリーズ第6戦では、大阪府門真市の東和薬品ラグトップドームでベルギーのニーナ・ピンカロンが194.66点で表彰台に上がった。

日本の青木優奈、三原舞依、樋口新葉はそれぞれ5位、8位、9位となった。

2023年11月25日、大阪府門真市で開催されたNHK杯女子競技会で銀メダルを獲得した同胞のリンジー・ソーングレン(左)と並んで金メダルを手にポーズをとる米国のフィギュアスケーター、エヴァ・マリー・ジーグラーさん(中央)。 、銅メダリストのベルギーのニーナ・ビンカロン。 (京都) ==京都


関連報道:

フィギュアスケート:柿山選手がNHK杯で宇野選手に注目

フィギュアスケート: 坂本花織選手がグランプリで2位金メダルを獲得

フィギュアスケート:フィンランドでは三浦が初代グランプリ優勝、佐藤が2位となった。


READ  パッケージツアーの旅行者がゴールデンウィークに戻り、日本政府観光局がハワイに戻ることを示します